自動車点検をしっかり行いましょう

安全の為に自動車点検はしっかりと行いましょう。 - 自動車の点検は確認をしながら必ず行うようにしよう

新着情報

▶2015/08/10
自動車の点検は確認をしながら必ず行うようにしようの情報を更新しました。
▶2015/08/03
リサイクルパーツを利用して車検費用をもっと安く!の情報を更新しました。
▶2015/08/03
改造車は車検に通らないの情報を更新しました。
▶2015/08/03
民間自動車整備工場で車検を受ける際のメリットとデメリットの情報を更新しました。
▶2015/08/03
車検の時に消耗品の交換時期を見極め交換しようの情報を更新しました。

自動車の点検は確認をしながら必ず行うようにしよう

車検の期限しっかりと守れていますか?車検のことを忘れてて車検切れなんてなってしまったら大変ですよね。車検は24か月点検と言われるものであり、その他には12か月点検があります。
これらは自動車点検基準で定められているもので、法律で義務付けられています。
12か月点検と24か月点検について詳しく見ていきたいと思います。

■車検と24か月点検を同時に行う事が一般的

現在の法律では、24か月点検整備を行っていれば、車検を受ける前でも後でもこれらの点検はどちらでも良いと言う事になっています。
車検の際に、点検整備は車検の後に行う旨を業者に伝えておけば、24か月点検整備記録簿が白紙であっても、車両に問題が無ければ車検を受け、また通す事も可能と言う事になっています。
ほとんどの場合は、業者に車検を依頼する場合、車検と24か月点検整備も料金に含まれている事が多いので、24か月点検にはそう気を使う必要は無いと言われています。
12か月点検の場合は、新車で自動車を購入した際の初めの12か月点検等を行う事が多いと思います。
販売した業者から電話連絡等が来て、早めに予約を取る等して点検を受けます。
大抵の場合は、さほどの部品交換等も無く、安価で済む事がほとんどです。

■車検の時には24か月点検整備も含まれているのかを確認するように注意が必要

業者によっては車検のみの業者も存在します。
その為、24か月点検を行わないユーザーも増えてきていると言われています。
自動車は自分の生命に関わる乗り物ですので、車検の時には必ず24か月点検が含まれているのかを確認するようにしましょう。
cvbfgtrs
車検の検査の中には自動車の下廻り検査があります。
主にオイル漏れや錆び等を点検するものですが、具体的にはどのような点検が行われるのでしょうか。

■オイル漏れは無いかどうか

自動車には様々なオイルが使われています。
エンジン、ミッション、ディファレンシャル、パワーステアリング等です。
これらのオイルが滲んでいる程度なら問題は無いのですが、雫のようにポタっと滴るような場合は車検を通す事が出来ません。
自分自身でオイル漏れを発見する事はなかなか難しいかもしれませんが、もしも気づいた時には業者に依頼して修理してもらう事が必要になります。

■ゴムカバーの点検とは

自動車の下廻りにはドライブシャフトブーツ、ステアリングラックブーツ、体ロッドエンドブーツ等のゴム製のカバーが使用されています。
これらのカバーは、ゴム製である為に、経年劣化を起こしやすく、時にはひび割れを起こす事もあります。
ゴム製のカバーが1か所でも破損していると車検が通りませんので、注意が必要になります。

■錆びはないかどうか

下廻りと言えばマフラーや燃料の配管等が通っています。
公害を防止する為にも、錆び等で腐食していないか点検されます。
また錆びによる腐食で穴が開く事もありますので、特にマフラーのサイレンサーには注意が必要になります。
穴が開いた状態で排気漏れを起こしているような状態ですと車検には通りませんので、穴を見つけたら早急に対処する事が大切になります。

Copyright(C)2015 自動車点検をしっかり行いましょう All Rights Reserved.